nancoカードと相性抜群!高還元率1.75%のお得なカードを口コミと一緒に徹底検証

漢方スタイルクラブカード以外のANAマイルが貯まりやすいカードは?

ANA

漢方スタイルクラブカードはANAマイルへのポイント交換レートが高く交換手数料が無料であることから、ANAマイラーに人気のカードです。今回は、少し指向を変えて、漢方スタイルクラブカード以外のANAマイルが貯まりやすいカードについて紹介します。

 

エクストリームカードとソラチカカードの組み合わせで1.35%のマイル付与率を実現!

漢方スタイルクラブカードの付与率1.05%も高いですが、同じくジャックスが発行している「エクストリームカード」と、東京メトロが発行しているANAマイレージ機能搭載のカード「ANA To Me CARD PASMO JCB(ソラチカカード)」の組み合わせて、1.35%のマイル付与率が実現できます。

ANAマイルへの還元率1.35%を実現するには、エクストリームカードとソラチカカードを2枚所有する他に、ポイントサイトである「Gポイント」の会員になる必要があります。Gポイントは、貯めたポイントを120種類以上のポイントやサービスなどに交換することが出来ます。Gポイントに関しての詳細は下記Gポイントのサイトをご覧ください。

 

エクストリームカードポイントをGポイントへ移行する

エクストリームカードで貯めたポイントは始めに、Gポイントに交換します。エクストリームカードは、「Gポイント」へのカードポイント、2,000ポイントを交換手数料無料でGポイント3,000ポイントに交換することが出来ます。

 

Gポイントを東京メトロポイントに迂回ルートでANAマイルへ交換

エクストリームカードで貯めた、ポイントをGポイントに交換後、東京メトロポイントにポイントを移行します。Gポイントからも直接ANAマイルへと移行することが可能ですが、30Gポイント→10マイルとなり、交換レートがあまり良くありません。

そこで、迂回ルートとして、東京メトロポイントを経由してANAマイルへと交換します。ソラチカカード会員、To Me CARD Prime PASMO、To Me CARD PASMO(ゴールド)の会員限定で、Gポイント100ポイントを交換手数料無料で、東京メトロポイント100ポイントに移行することが出来ます。更に東京メトロポイントは、ソラチカカード会員限定で100ポイント→90マイルに交換することが出来ます。To Me CARD Prime PASMO、To Me CARD PASMO(ゴールド)の場合、100ポイント→60マイルとなっており、1.5倍程度マイル交換はとてもお得になります!

また、東京メトロポイントはGポイントの他に、PEXやネットマイルからのポイント交換が可能です。様々なポイントを集約して、東京メトロポイントに交換することで、カード利用以外でもより多くのポイントをマイルに移行することも出来ます。

 

エクストリームカードとソラチカカードを運用する際の年会費

エクストリームカードとソラチカカードの組み合わせて、お得にANAマイルにポイント交換が出来る事がお分かり頂けたかと思いますが、エクストリームカードとソラチカカードを持つ上で、気になる年会費やポイント交換手数料についてまとめてみました。

 

エクストリームカード

エクストリームカードの年会費は初年度は無料で、2年目以降が3,000円となっています。ただし、前年度のショッピング利用合計金額が30万円以上の場合は、年会費が無料になります。

メインカードとして、月額の固定費の支払いをエクストリームカードで支払うことで容易に30万円以上は達成できるかと思います。そのため、エクストリームカードの年会費を無料にするためにも、早くマイルを貯めるためにも、月額の固定費をすべてエクストリームカードで支払うことです。

 

ソラチカカード

ソラチカカードの年会費は、初年度が無料で2年目以降が2,000円です。

また、ソラチカカードは、「ANAカードマイルプラス」加盟店舗の利用で、クレジットポイントに加えて、ANAマイルが100円につき1ポイントもしくは200円につき2ポイントが貯められます。身近な店舗で言えば、マツモトキヨシやスターバックスコーヒー、セブン-イレブン、ENEOSなどでANAマイルが別途貯めることが出来ます。日常の固定費などはソラチカカード、ANAカードマイルプラス加盟店舗ではソラチカカードと使い分けてもよいでしょう。

また、ソラチカカードにはIC乗車券「PASMO」が付いています。予めオートチャージの設定をしておけば、改札を通過するだけで、ICカードの残高が一定額を下回ると自動的にチャージされますので、券売機で並んでチャージする手間が省けます。また、PASMOのチャージでもポイントがたまるので、現金でチャージするよりも大変お得になります。また、東京メトロに乗車することで、東京メトロポイントも貯まります。

 

関連記事