nancoカードと相性抜群!高還元率1.75%のお得なカードを口コミと一緒に徹底検証

漢方スタイルクラブカードとレックスカードを徹底比較

レックスカードと漢方スタイルカード

漢方スタイルクラブカードと同様に、還元率が高いクレジットカードとしてカカクコムのレックスカードも有名です。おそらく、漢方スタイルクラブカードを検討する際は比較の対象になるかとおもいますが、今回は、レックスカードと漢方スタイルクラブカードを比較し、それぞれの優れている点や見劣りする点をまとめてみました。

 

ポイント還元率

はじめにポイント還元率について見ていきます。漢方スタイルクラブカードのポイント還元率は1.75%で、2000円に7ポイント付与されます。1ポイントあたり5円相当になり、2000円を漢方スタイルクラブカードで支払った場合35円相当のポイントが獲得できます。一方、レックスカードのポイント還元率も、漢方スタイルクラブカードと同等に1.75%で還元で、漢方スタイルクラブカードと同等になっています。

ただ、レックスカードに関しては、「価格.com安心支払いサービス」を利用すると、ポイント還元率が2.0%に大幅にアップします。「安心支払いサービス」とは、価格.comが提供しているショッピング支払い代行サービスで、購入店舗にカード情報や銀行口座番号が知られることがなく、ショッピングの支払いが出来ます。また、万が一、商品が届かなかった場合の返金制度があり安心して利用できるサービスとなります。通常では、この「安心支払いサービス」を利用する場合、1万円未満の商品であれば税込み205円、1万円以上の商品であれば、商品代金の2.052%の利用料金が発生しますが、レックスカード会員であれば利用料金が無料で利用できます。日頃から価格.comで商品の比較や口コミを参照して買い物をされている方にはとてもお得なカードであるのは間違いありません。

 

入会特典のファーストプレゼント

漢方スタイルクラブカードとレックスカードは入会して、3ヶ月以内の利用金額に応じて、カードの利用料金の支払いに利用できるJデポのプレゼントを行っています。

漢方スタイルクラブカードの場合、5~7万円利用で2000円分、7~10万円利用で3000円分、10万円以上の利用で5000円分のJデポがプレゼントされます。一方、レックスカードの場合、5~7万円利用で1000円分、7~10万円利用で2000円分、10万円以上の利用で3000円分のJデポがプレゼントされます。入会特典のファーストプレゼントに関しては、利用金額が多い場合は、断然漢方スタイルクラブカードがお得になります。

 

年会費について

漢方スタイルクラブカードとレックスカードはそれぞれ年会費が発生します。両カード共に初年度は無料で利用することが出来ますが、2年目以降からは漢方スタイルクラブカードが1,575円、レックスカードが2,625円発生します。

しかし、レックスカードの場合、前年のショッピング利用金額が50万円以上の場合、次年度の年会費が無料となります。そのため、メインカードとして利用を考えている場合、年会費としてはレックスカードがお得だと思いがちです。しかし、漢方スタイルクラブカードの場合、年会費は無料にはならない代わりに、年間の獲得ポイントに応じて、ボーナスポイントのプレゼントがあります。年間2,000~3,499ポイント獲得(年間約58万円~100万円)した場合、250ポイント(1,250円分)、年間3,500ポイント以上獲得(年間100万円以上)した場合、500ポイント(2,500円分)のボーナスポイントがプレゼントされます。

確かにレックスカードもメインカードとして利用し前年度の利用金額が50万円以上だった場合は、無料となりますが、漢方スタイルクラブカードはボーナスポイントを考えると、年会費も実質無料になり、獲得ポイント数によっては、プラスになる場合があり、利用金額が100万円以上の場合は漢方スタイルクラブカードがお得になります。逆に50万円以上の場合は、レックスカードがおすすめです。

 

電子マネーのチャージについて

今はコンビニや駅の改札など、電子マネーやIC乗車券として利用が増えています。漢方スタイルクラブカードはnanaco、モバイルSuica、SMART ICOCAのチャージでポイントが付与されるのに対し、レックスカードの場合、モバイルSuica、SMART ICOCAのみポイント付与の対象となっています。そのため、セブン-イレブンやイトーヨーカドーでの買い物が多く、 nanacoのチャージでお得なカードを検討されている方は漢方スタイルクラブカードがお勧めです。一方、セブン-イレブンでは国民健康保険料や住民税などの支払いにnanacoの利用が可能となっており、漢方スタイルクラブカードからnanacoにチャージして、nanacoによる代金収納を利用することで、漢方スタイルクラブカードのポイントが付与されお得になるケースもあります。自営業の方などで、公共利用金の支払いをお得にしたいと考えている方にもお勧めです。

 

ANAマイルの交換について

漢方スタイルクラブカードとレックスカードともにANAのマイレージに交換することが出来ます。しかし、両カードではポイント交換レートが異なります。レックスカードの場合、3500ポイントから600マイルへ交換できるのに対し、漢方スタイルクラブカードは500ポイントから1500マイルへ交換可能なことを考えると、漢方スタイルクラブカードが大変お得に交換することが出来ます。ANAマイルをためたいと考えている方は、漢方スタイルクラブカードをお勧めします。

 

付帯保険について

付帯保険についてですが、漢方スタイルクラブカードは旅行損害保険が付帯しているのに対し、レックスカードの場合、旅行損害保険もしくはショッピングプロテクションの内1つを選択することが出来ます。よく旅行に出かける方は、漢方スタイルクラブカードを、ショッピングを重視される方はレックスカードになります。

 

以上、漢方スタイルクラブカードとレックスカードを比較してみました。この2枚のカードの比較については、下記サイトでも分かりやすく書かれているので参考にしてください。

レックスカードについてもっと詳しく知りたい方は、下記サイトをご覧下さい。

 

関連記事