nancoカードと相性抜群!高還元率1.75%のお得なカードを口コミと一緒に徹底検証

漢方スタイルクラブカードのデメリット

漢方スタイルクラブカードのデメリット

漢方スタイルクラブカードは全体的に大変お得なカードですが、気になる点が無いわけではありません。1.75%の高還元率やお得な特典を考えれば、差し引きで断然お得と感じてもらえるとは思いますが、漢方スタイルクラブカードが持つデメリットにもついても紹介します。

 

年会費無料特典が無い

漢方スタイルクラブカードは年会費がかかります。この年会費は初年度は無料です。しかしながら、2年目以降は「年間1500円+消費税」の費用が必ず発生します。他のクレジットカードでは、翌年度以降も利用金額によっては年会費が無料になる特典が付いているケースがありますが、漢方スタイルクラブカードの場合はそのような特典はありません。

1.75%という高い還元率を誇っているため、使えばお得なカードですが、使わなければこの年会費が負担になるのでご注意下さい。

ただし、漢方スタイルクラブカードにはボーナスポイントという概念があり、年間のカード利用金額が58万円を超えると通常のポイントに加えて追加でポイントがもらえます。更に、年間の利用金額が100万円を超えるともらえるボーナスポイントが更にアップします。

ボーナスポイントを加味しなくても、だいたい年間50万円程度の利用があれば、一般的なカードと比較してもお得な還元率を享受する事ができます。年間のカードの利用金額が50万円以下の人は「漢方スタイルクラブカード」を使わない方が良いでしょう。

逆に言えば、ボーナスポイントが最大限にもらえる年間利用額100万円以上の方は「漢方スタイルクラブカード」を使わないのは非常にもったいないです。

 

月の利用額で2000円を区切りにしてポイントが計算される

漢方スタイルクラブカードでは2000円で7ポイント(35円相当)が付与されます。月の利用額で端数となった1〜1999円分がポイント計算対象外となり、1〜34円分のポイントが切り捨てられる事があります。かなり細かい話ではありますが、ポイントが切り捨てられてしまうのは喜ばしいことではないので、デメリットとしてあげておきます。

下記の記事で、このポイント計算について詳しく説明しています。

 

最低利用ポイント数が500ポイントから

ある程度のポイント数を貯めないとポイントが利用できないのはポイントサービスのお約束ですが、漢方スタイルクラブカードの場合も例にもれず、最低利用ポイント数の「500ポイント」を貯めないとポイントを利用する事ができません。

金額換算すると「2000円 ÷ 7 × 50 ≒ 144,000円」となるので、約15万円弱の利用毎に、ポイントを利用する事ができるようになります。ちなみに、貯めたポイントの有効期限は2年間に設定されています。年間50万円以上は利用しないと、漢方スタイルクラブカードの恩恵を受ける事はできないので、使い切れずに終わってしまうという事は無いでしょう。

 

デメリットがあっても有り余る高還元率とnanaco連携の魅力

以上、デメリットについて紹介しましたが、デメリットがあっても、尚、有り余って価値のあるのが漢方スタイルクラブカードだと思います。「高還元率1.75%」や「nanacoカードとの連携によるポイントの二重取り」で享受できるメリットを考えれば、前述したデメリットはどれもちっぽけに見えてくるのでは無いでしょうか。

特に、年間のカード利用額が100万円を超える場合は、漢方スタイルクラブカードを使わない方がもったいないくらいですので、一般的なカードを使っている場合は、どのくらいお得になるかを実際に計算してみて、是非とも乗換えを検討してみることをオススメします。

関連記事