nancoカードと相性抜群!高還元率1.75%のお得なカードを口コミと一緒に徹底検証

漢方スタイルクラブカードはボーナスポイントがたくさんもらえる!

ボーナスポイント

漢方スタイルクラブカードのお得な特典の1つが「ボーナスポイント」です。年間の利用額に応じて、ボーナスポイントが付与されます。漢方スタイルクラブカードは、還元率が1.75%と高いため、使えば使うほどお得ですが、更にそのお得度の背中を押してくれるのがボーナスポイントです。

漢方スタイルクラブカードのボーナスポイントの仕組み

漢方スタイルクラブカードでは、1年間の対象期間でどれだけカードを利用したか(どれだけポイントを貯めたか)でボーナスポイントが決まります。

ボーナスポイントの対象期間

2/1〜翌年1/31までに獲得した合計ポイント数に応じて、ボーナスポイントが付与されます。

ボーナスポイントの付与率

2000〜3499ポイントの獲得で250ポイントボーナス!

年間利用額が約580,000円を超えると250ポイントのボーナスポイントがもらえます。

3500ポイント以上の獲得で500ポイントボーナス!

年間利用額が約1,000,000円を超えると500ポイントのボーナスポイントがもらえます。

 

ボーナスポイントを含めると実質還元率はどのくらいなのか?

年間100万円カード利用をしたケースを仮定して、実際に何%の還元率になるのかを計算してみます。

通常還元ポイント(1.75%)
1,000,000円 × 1.75% = 17,500円還元
ボーナスポイント(500ポイント)
500ポイント = 2,500円分

通常還元とボーナスポイントを合計すると
17,500円 + 2,500円 = 20,000円

計算すると、100万円のカード利用で2万円分還元されているので、還元率は2%となります。ここで漢方スタイルクラブカードの年会費1,575円の支払いも考慮してみると、18,425円が実際にお得になった金額です。なので、実質還元率は約1.8425%になります。いつでもどこでもこの還元率が実現できるのは、世にあるゴールドカードなどを集めて比較しても、圧倒的にお得な還元率です。

 

漢方スタイルクラブカードが最もお得なのは年間利用額100万円以上のケース!

このボーナスポイント制度を加味すると、漢方スタイルクラブカードが最もお得なのは年間利用額が100万円以上のケースです。100万円を超えるとボーナスポイントの付与が250ポイント増えるためです。漢方スタイルクラブカードと同様に高還元率カードとして有名なレックスカードがありますが、両者を比較してみても、100万円以上利用する場合は漢方スタイルクラブカードが最もお得になります。

参考サイト:

 

支払いを全てカードにまとめてお得なポイントを享受する

年間100万円のカード利用と聞くと、少し敷居が高いように思うかもしれません。しかしながら、全てカード払いにまとめてしまえば、それほど難しい話ではありません。

月額に換算してみると、8万円程度の金額です。

例えば、最もお金がかかる「家賃」がカード払いOKの場合は、これだけでカード利用額100万円を満たせる可能性があります。

他にも、

  • 携帯電話代
  • 電気代
  • ガス代
  • 水道代
  • 買い物代

など、これらの費用を全てクレジットカードにまとめてしまえば、月に8万円の利用は超えてしまうケースが多いです。漢方スタイルクラブカードの場合は、nanacoチャージをしただけでポイントが溜まります。nanacoカードと組み合わせれば、漢方スタイルクラブカードのポイントと合わせてnanacoポイントも貯める事ができてポイントの2重取りができます。加えて、nanacoポイントによる支払いによって税金や公共料金の支払いを行うことも可能になります。

普段、コンビニやスーパーなどで現金支払をしてしまっている人は、毎回の支払いでちょっとずつ損をしています。これを機会に支払いを漢方スタイルクラブカードにまとめてみてはいかがでしょうか。

 

関連記事