nancoカードと相性抜群!高還元率1.75%のお得なカードを口コミと一緒に徹底検証

漢方スタイルクラブカードの年会費は高い?安い?

1500yen

漢方スタイルクラブカードは「1500円 + 消費税」の年会費がかかります。この年会費は高いのか、安いのか?その答えは、年間のカード利用額によって変わってきます。多くの人にとって、漢方スタイルクラブカードをメインカードとして利用すれば、年会費を払う価値は生まれてくると思います。

 

年会費を支払って高還元率1.75%を手に入れる

漢方スタイルクラブカードの目玉は、何と言っても高還元率1.75%です。年間で1500円をポイント還元でカバーするためには「1500 ÷ 1.75% ≒ 85700円」なので、年間9万円以上使えばこの年会費分はペイできます。

ただ、せっかくの高還元率なので年会費をペイしただけでは意味がありません。

一般的なカードにも0.5%〜1.0%程度の還元率があるとして、それらのカードと比較した際に漢方スタイルクラブカードがお得になってくるのは、だいたい年間の利用金額が50万円を越える頃になってからでしょう。年間利用金額が50万円となると、毎月の利用金額が大体4万円程度です。この程度の支払いを行っているなら、漢方スタイルクラブカードに乗り換える価値が出てきます。

 

年間58万円以上利用すればボーナスポイントで更にお得!

年間58万円以上利用している場合は、高還元率1.75%に加えてボーナスポイントを手に入れる事ができます。

年間の利用金額に応じて、もらえるボーナスポイントは増えていきます。

  • 年間58万円以上で1250円分
  • 年間100万以上で2500円分

 

メインカードとして使わないのであれば、年会費は高くつく

結論としては、漢方スタイルクラブカードをメインカードとして年間50万円以上利用するような方であれば、年会費は安くつきます。一方で、月に数千円程度しか利用しない場合には、漢方スタイルクラブカードの年会費は高くついてしまいます。

このような場合は、還元率が低くとも年会費が無料のクレジットカードを選択した方が良いでしょう。

年間利用が50万円以上の方は、現在使っているカードと比較の上、漢方スタイルクラブカードを検討してみてください。漢方スタイルクラブカードには、nanacoカードとの連携によって公共料金や税金の支払もまとめられるメリットもあります。

全ての支払いをこのカードにまとめてメインカードにすることで、たっぷりと高還元率の恩恵を受ける事をおすすめします。

関連記事